初来日🔥ソカ・スター”Bunji GARLIN “押さえておくべき10曲選!!

初来日🔥2018/7/13 (fri) 『BIG BAD SOCA 🔥』BUNJI GARLIN 予習10選!!

記念すべき初来日決定!『FIRE~~~🔥』(ファイヤー🔥)でお馴染みのソカ・アーティスト!BUNJI GARLIN (以下、ブンジー)近年ではMAJOR LAZOR,VYBEZ KARTEL , Damian Marley等との共演でもその名を世界の音楽シーンに轟かせています。

前回のBLOGで紹介しきれなかったブンジーのヒット作♪

来日に向けて予習していきましょう !!!

①今回のツアータイトルにもなった2017年大HIT作♪今ではソカ・ミュージックのシンボル的な曲となりました。

『BIG BAD SOCA / Bunji Garlin 』こちらミュージックビデオ♪

 â‘¡è‹¥å¹²21歳の女性ダンスホールアーティスト”SHENSEEAをフュチャーしたREMIXもリリース!『BIG BAD SOCA  / Bunji Garlin feat . SHENSEEA 』(REMIX)

③こちらも彼の名前を更に世界に轟かせた大合唱のBIG TUNE♪
『Differentology (Ready for the Road) / Bunji Garlin』

④『Bicycle Ride (Soca Remix) Vybz Kartel & Bunji Garlin』

獄中のダンスホールアーティスト”ヴァイブスカーテル”と共演作。本人達は出演していませんが、多くのダンサーが出演のミュージックヴィデオ。自転車ワイン

⑤『TRUCK ON THE ROAD  / Bunji Garlin 』鉄板!!!これね、カーニバルのトラックから流れて来たときは本当に鳥肌でした。爆音でぜひ。

⑥『BUSS HEAD /MACHEL MONTANO &  Bunji Garlin』

2017年についに初共演を果たした2人の話題作!アフリカから連れてこられた奴隷によってもたらされた伝統の儀式”スティック・ファイティング”をモチーフに

⑥『Carnival Tabanca/Bunji Garlin』トリニダードの言葉で Tabancaは失恋で傷ついた気持ちを表す語。カーニバルを体験し全てが終わった後のあの感覚が、また来年もカーニバルにいきたいとそれを病みつきにさせる。

カーニバルの思い出に浸りながら。。。

⑦『Warrior cry / Bunji Garlin』(2004) 前回のブンジーのクラッシクス曲特集で抜けていた重要曲!ソカの世界大会『ソカモナーク』のファイヤーパフォーマンに失敗したことが残念だが、ソカ史に残る傑作!

⑧『Take over Town / Bunji Garlin』(2016)

トリニダード・トバゴにてパーティーに向かう車中でラジオから流れてきた思い出の曲m今での窓ガラス越しの首都ポートオブスペインの街明かりを思い出す。

⑨『Blaze de fire  / Bunji  Garlin 』(2005)  こちらも前回のブンジーのクラッシクス曲特集で抜けていた重要曲!この時代から『fire男』と呼ばれる。

⑩『Badda Than Dem / Bunji Garlin』-Indian Summer Riddim –

最後はHEMO+MOOFIRE プロデュースの本作、レコーディングの記憶が無いのですが、自画自賛で申し訳無いのですが、未だにブンジーの中で一番好きな曲。生で聞きたい!!!

ということで来日に向けた10曲予習終了!

サウンドハウス