BUNJI GARLIN & FAY-ANN LYONS スペシャルインタビュー♪ BY : HEMO

BUNJI GARLIN & FAY-ANN LYONS スペシャルインタビュー♪ BY : HEMO

今は廃刊となったレゲエ専門の月刊誌「ROVE」2010年4月20日発売の

マイティークラウンのサイモン君が表紙のこちら!

彼らのインタビュー記事が見つかりました!少し古い記事にはなりますが、貴重なインタビューとなってますのでぜひ読んでいただけたらと思います♪

@ARMY FETE 2010の楽屋にて

『Rove Vol.31 』Bunji Garlin & Fay-Ann Lyons
Interview by HEMO

ソカ界のレジェンドであるスーパー・ブルーの実娘であるソカアーティスト、フェイ・アンと彼女の夫である、こちらも人気ソカアーティストでジャマイカのミックスCDでもお馴染みブンジ・ガーリンに突撃インタビュー。公私ともに尊敬し合う彼らのシンガーとしての始まりやソカの歴史について聞いてみた。

 

HEMO (以下H)いつから活動を始めたの?

FAY ANN(以下F):私は01年から歌い始めたの。だから今年で約9年ね。私の両親、そして叔父がシンガーになったきっかけね。今日出演するバンドは、私が参加した2組目のバンドよ。

 

BUNJI GARLIN(以下B):俺は5年間アマチュアとして活動し、練習を重ね、コンペなどにも参加した。99年から本格的にソカに携わり、プロとして活動したんだ。歌い始めてからだと、今年で11年になる。大変な道のりだったけど、ここまで来れたよ。

 

H: 日本では、ソカよりもダンスホールの方が認知度があって、最近では、ダンスホール好きの人達も、ソカやアナタみたいなアーティストに注目し始めています。このことについてどう思う?

B:日本のダンスホール好きがソカに目を向け始めたことは、俺にとって大きな一歩だよ。ダンスホールだって、一昔前は、日本には届いていなかった音楽だろ。その日本で、少しでもソカが注目を浴び始めたってことは“何か”が何なのかを掘り当てるのが、今後の俺達の役目だね。

 

H: 影響を受けたアーティストは?また、普段聴いている音楽は?

F:どんな音楽でも聴くわ。でも父、スーパー・ブルーの影響でソカが多いかな。彼のパフォーマンスを見て育っているし、彼のようなステージングをしたいと思っている憧れの人でもあるからね。

 

B:俺は、たくさんのアーティストから影響を受けてるよ。バーニング・スピア、バウンティ・キラー、ケイプルトン、ビーニマン、ジミー・クリフ、Baby Zook BandのCasa、フェイ・アンの父親であるスーパー・ブルー、AntiguaのBurning Flames、もちろんフェイ・アンからも。俺は、いろんな音楽を聴くようにしているんだ。それらを聴いて受けた影響が、この先どう化けるかわからないからね。

 

H :ジャマイカでは、毎日どこかでダンスが行われていて、ゲットーの人達はストレスから解放される為にパーティーに出かけています。でも、トリニダードではダンスやイベントの入場料が高くて入れなかったり、ラジオで曲をかけてもらうにはいろいろと規則があったりと問題もありますが、このことについてはどう思う?

 

B:これは難しい質問だね。俺は今のジャマイカが置かれている現状に問題があると思う。ジャマイカではイベントに行くチケットを買う前に、その金を稼ぐのすら大変な状況だ。ここトリニダードでは、所得の低い層の人たちでも金が全くないということはない。貧乏だとしても酒や洋服を買える位の所得はある。だから、ジャマイカのように貧困な人の為にイベントをタダで行うという流れにはなっていないが、もしそういう状況になったなら現状に合わせて変化していくだろうね。

 

H:ソカの歴史と、この音楽の始まりを教えてください。

F:これが面白い話で、3つほど説があるのよ。ひとつが、Ras Shorty Ⅰって人がアフリカン・ミュージックとインディアン・ミュージックとカリプソを合わせて、ソカを作り、それを、みんなが工夫を凝らして、様々な形に枝分かれし、現代のソカに発展したと言われているの。ブンジは、ジャマイカでいうチャントやディージェイのようなファストラッピンをソカに乗せて、ラガ・ソカとして進化させたの。私は、ハードコア・ソカを歌っているし、ヒップホップ・ソカっていうのも存在するし、色々な形に進化しているのよ。

 

H:将来、期待することは?

B:俺が期待するのは、この音楽が、世界中で認知される音楽となることだ。どこの国に行っても、ヒップホップ、ダンスホール、テクノ、ロック、R&B、オルタナティブと言えばそれがどんな音楽なのか通じる。それと同じく、カリプソやソカと言えば、それがどんな音楽で、どこの国の音楽なのかをわかってもらえるかんきょうにしたい。

 

ツアー公式サイト:
https://bunjifayannjptour.wixsite.com/limerecords

LIME Records presents
『BIG BAD SOCA』
– Bunji Garlin & Fay Ann Lyons- Alvarez
1st JAPAN TOUR 2018 –

2018年7月13日(金)19:00~
東京青山CLUBCACTUSにてのライブが決定!!
Bunji Garlin & Fay-Ann Lions is coming to Japan!!!!
LIME Records presents BIG BAD SOCA
– BUNJI GARLIN & FAY-ANN LYONS 1st JAPAN TOUR 2018-

Club CACTUS
Leela Nogizaka B1F,
1 -15-18, Minamiaoyama, Minato-ku, Tokyo

前売チケット販売開始!
⭐Advance ticket Now On sale !!!
➡https://limerecords.thebase.in/

#ソカ #soca #fire #selectorhemo #mickyrich #romie #afrosoca  #bigbadsoca #bunjigarlin #fayannlyon #トリニダードトバゴ

 

JAPAN TOURを記念したLIMITED T-SHIRTSも予約受付開始!!

コメントは受け付けていません。