人生を変えた音楽! DNA MUSIC♪

今朝見たニュースでタイトルで気になったのがこれ。

北朝鮮 キム委員長が手術後に重体の情報 

なぜか、このニュースを見たあとDNAについて考えていました。

という事で ←最近の突然すぎる切り返し

本日はDNAを感じる 

カリブ海の音楽業界のサラブレッド親子を紹介してみたいと思います。

まずはこの音を聞いていただけますでしょうか?聞いた事あるかな。

私が衝撃を受けた音(リディム) で3本の指に入るこの

 [Stalag Riddim スタラグ リディム] 

これと出会って私の人生変わりました。

1985年 Tenor Saw – Ring The Alarm (Stalag Riddim)

この衝撃的な音をプロデュースし、私の人生を大きく方向転換したこの方。

本日紹介する Winston Rily (ウインストン・ライリー)

ジャマイカを代表する音楽プロデューサー、作曲家、歌手、ベーシスト。ジャマイカ音楽の発展で最も創造的で成功した重要人物でその影響力は計り知れない。1980年代のダンスホールレゲエを牽引したテクニクス・レーベルの主宰者として最も有名ですが、1960年代後半に活躍したロックステディのコーラスグループ、テクニクス (Techniques) のオリジナルメンバーとしてや、レゲエ歌手ジミー・ライリーの兄としても知られています。

#BIGBABYSCHOICEとして1日1曲インスタストーリーでUPしてますが、本日は以下のTechniquesのアルバムを音声入りで紹介しました♪

カーティス・メイフィールドらが参加したアメリカのR&Bグループ、インプレッションズの”Minstrel & Queen’をレゲエカバー 音▶️The Techniques – queen majesty

次はブジュ、この曲をジャマイカのサウンドシステムの大きいスピーカーで聞いたときの衝撃は今でも忘れられません。ブジュ・バントンの1992年のダンスホールレゲエ大ヒット


そして、ジャマイカ女性ディージェイのパイオニアであり現在も世界を股にかけ活動されているシスターナンシー代表曲⬇︎1985年リリース「BAM BAM (バンバン)」を聞いてください。いい感じに力の抜けた歌唱スタイルとても新鮮です。

ジャマイカ女性ディージェイのパイオニア シスターナンシー名作
“BAM BAM “

それでは、次は

モンスター級の名作を生み続けていたWinston RileyのDNAを受け継ぐ息子 DJ Kurt Rily についての紹介をしたいと思います。

Kurt Rily (カートライリー)

DJ 、音楽プロデューサー、ジャマイカのラジオ局 Fame FM のパーソナリーとしても有名、音楽ジャンル<SOCA>のDJ &PRODUCERとしてもカーニバルを始めワールドワイドに活躍されています。 レコードレーベル”JAMBIAN MUSIC ” では「Charly Black – Gyal You A Party Animal』JAMBE-AN RIDDIM でビルボードヒット曲を生み出した事も記憶に新しいです。

Kurt Rily (カート・ライリー)のプロデュース作品を紹介しましょう。

世界的大ヒットとなった チャーリーブラックの ” Party Animal”
(JAMBE-AN RIDDIM )
同じ Jambe An Riddim での トリニダード・トバゴのソカアーティストShurwayne Winchester

ソカ・キングMachel Montano とナイジェリアのアフロビーツ歌手TIMAYA のコンビネーション。

カリブ海の国セントビンセントのスター”スキニーファビュラス”をプロデュース、歌詞は先日日本来日を果たした V’ghn が担当! “Caribbean Rock Riddim ”  (soca 2018)

それぞれの時代に歴史的な爪痕を残すヒット作品を飛ばすプロデューサーの親子のDNA MUSIC について書いてみました。最後まで読んでいただきありがとうございます!

まだまだ文章を書くのが慣れませんががんばって続けて少しでもうまく書けるように頑張りたいと思いますので引き続き宜しくお願いします。

LIME RECORDS オンラインショップにて SELECTOR HEMO チョイスのアナログレコードコレクションの販売をスタートさせました。是非こちらも覗いていただけたら幸いです。 https://limerecords.thebase.in/