知る人ぞ知る!日本初の女性アーティストだけのクラブイベント!?WOMAN WI NAME 97

ジャパニーズレゲエ創世記、「女の子だってできる!」をコンセプトに1997年に主催した日本初の女性アーティストのみ出演のイベント「WOMAN WI NAME」(ウーマン ウィ ネーム)について振り返りたいと思います。

⭕️なぜ開催することになったのか経緯

94年の衝撃的なジャマイカ初体験、その後更にダンスホールの魅力に取り憑かれ、持ち帰ったヴィデオテープやカセットテープを擦り切れるほど聞き、ダンスを練習し(笑)、東京西麻布界隈のレゲエクラブに足繁く通う日々。

もっと知りたい!働きながら学びたい!とレゲエの専門レコード店「REGGAE SHOP CISCO(以下「シスコ」)」で勤務し、レコードの海外買い付けの為にジャマイカやNYにも頻繁に訪れ、その時代の情報を肌でキャッチしていた。

NY ブロンクスでのレコード買い付け

海外で聞いた曲や体験したあの感覚を日本でもっと紹介したい!もっと伝えたい!っと勝手に燃え上がり(笑) 

熱い思いを胸に自分でもセレクター(DJ)に挑戦してみたいと95年に女性サウンド”TIME MACHINE”を結成、コンセプトは STRICTLY POP STYLE SOUND (POP STYLE =パトワでカッコイイ、都会的なとう意味)、ハードコアなレゲエファンはもちろん、一人でも多くの一般の人々にもDANCEHALL MUSIC の魅力を伝え知ってもらえるよう活動スタート♪

だが、当時レゲエの現場は今よりもっと男社会でハードコア。女子で活動されている人はすごく少なかった。

活動を始めた当初お客さんから、

「女の選曲でおどれるか!」

「女がキルチューンかけても説得力がないよね….」とか、

そんなふうに言われる事もあり、実際DJブースにタバコやグラスを投げられたことも何度もありました。逆そんな環境が自分を更にやる気にさせたのかもしれますぇん。そんな時代の中、同じく女性だけで結成されたサウンドクルー”CHERRY BOMB”と西麻布のクラブで一緒にイベントを始めました、その活動の流れで、このイベントを企画し開催する事になったのです。全国で活躍中の女性アーティストが集結!女性出演者のみの日本初クラブイベント!

『REGGAE ALL STARS 97 -WOMAN WI NAME – IN TOKYO 』

イベントタイトル名にもなったLADY SAWの大ヒット曲♪

20年以上の前の事になるので記憶が曖昧な部分もあるのですが、

音源とビデオを見て当時を振り返ってみました。

番組名不明ですがイベントが紹介されたTV番組です。会場の様子など
当日の模様を収録したカセットテープ

その頃は給料の大半をレコードとジャマイカ修行資金にしていたため、ビールやご飯を我慢して、レコードを買うために、西麻布のかおたんラーメン1杯を二人で分けて食べたり、酔わないので頭をふったりと(笑)

シスコの店長や業界の先輩の方より色々とご馳走していただいて助けてもらっていました。まっすぐ家に帰る日はなくどこかで音楽を聞いていた家でまったりなんかなほとんどなかったような濃い日々。

この頃レゲエはした火となり、日本の音楽シーンでは「レゲエ冬の時代」と言われていたこの頃。

今回初企画のビックダンスイベントという事もあり色々と心配はありましたが、

ただ湧き上がる気合いを胸に、目標のイベント動員は大きく300人!!!!としました。

渋谷深夜のポスター貼りやフライヤー配り、ラジオ出演などのストリートプロモーション。そして出演・出店していただいた皆様にもご協力いただき、手売りチケットやありったけの考え付く限りのプロモーションを全力でしました。

さぁついにイベント当日。蓋をあけてみると、オープン時間から会場である新宿ハイタイムのエントランスは長蛇の列、なんと記録的な1000人近い(!)動員数を記録しました!!!!!予想をはるか上回る動員!!!!

地道なプロモーションが効いたのでしょうか!?WOMAN POWER 女子の力合わせたらすごい事に

やりたい事へ熱量や表現て伝わるんですね、当日は本当に想像を上回る動員に驚きながらも、次々と起こる大問題に、、、

深夜1:00 にはクラブのお酒と氷が全てなくなり、大混乱!! 酒よこせ〜〜!

空調も壊れ、汗だく!電源もなんども落ちて音や照明もついたり消えたり……ダンスショーケースの途中でも落ちてしまい、もう一度となったり。

今となれば「伝説」の1997年5月31日。

奇跡的にタイムテーブルが見つかりました!! 本当錚々たる出演者の面々です

当時、この活動がケーブルテレビ番組で特集されました。こんな私たちを特集してくれたなんて、本当に担当の方に大感謝です。少しでも当時の雰囲気が伝わればと思い、撮影元からいただいた動画が見つかったので、前半後半とUPします。消されたらごめんなさい。

WOMAN WINAME 前半

WOMAN WINAME 後半

関東勢以外では大阪からはPUSHIMも出演してくれました!彼女の東京初ライブはここ”WOMAN WI NAME”。初ジャマイカでも大変お世話になったMACHAKOさんも名古屋からきてくれました!沖縄からはBODY MOVE & SISTER MAYUMIもこの為に来てくれました。本当にすごいメンツですね。

エルブレス

当時このイベント開催実現に向け賛同し、出演していただいた全てのみなさまに感謝です。ありがとうございました!

皆んなの熱い思いがここに集まりました。このイベント以来、周りの反応も変わり状況も変わり活動もしやすくなりました!

年齢とか関係ないです!やりたい事があれば挑戦してみてください。

願えば叶う!

今足りない!と感じることを埋めたい!

これが好き!良い!と思うものを紹介したいという思い。

今でも変わらない思いで行動しています。

日々地球は世の中は変わっています。環境も。

たまに立ち止まって色々と考えて見つめ直す事も大切ですね。

WOMAN WI NAMEの開催にあたり、様々な方のご協力、出店をいただきました、またメインスポンサーのDANNO Crew 、サウンドシステムを出していただいたVIP Crewの皆さまに今でも感謝です、ありがとうございました!!!