私のレコード屋歴は!? &今週末レコードショップNEW OPENします♪

上京してから歌舞伎町の水餃子専門の居酒屋で貯めたバイト代で

少しずつレコードを買い集めていた90’s。

レコード屋さんで働いたら、もっと音楽を知れるし、聞けるやん!!

こんな思いがフツフツと心で盛り上がっていました。

その頃、友人達と知る人ぞ知る下北のクラブ”ZOO”にて『727』というDJユニットの活動を始めていた中、ZOOの店長山下さんに色々な方を紹介して頂き、その中の一人である、TOKYO NO.1 SOUL SET のDJ 川辺ヒロシ氏の紹介で、

下北沢にあるインディペンデントで老舗のレコード屋『フラッシュ・ディスク・ランチ』でバイトを始めることができた。始めの大きな第一歩ある。

仕事はお店と少し離れたビルで、レコードを磨いたり仕分けしたりの業務。

知らないことばかりで、とにかくドキドキ&ガタガタ震えながらお店に立ち、仕事したのを覚えています。

その後、DJのクボタタケシ君から当時彼が働いていたレコード屋さん、『CISCO』のレゲエ専門店『REGGAE SHOP CISCO』がNEW OPENするとの情報が入りました!

しかも!オープニングスタッフとして女性2名を募集していると!

早急に申し込み、気合いで面接&テストを受けました。

50名近く応募があったそうなんですが、なんと…

合格しました!!!

それから『REGGAE SHOP CISCO』で5年ほど勤務、途中からは正社員として就職、ジャマイカやニューヨークなどでのレコード買い付け業務なども担当していました。

REGGAE SHOP CISCOに同時合格したNAGASEとNY にレコード買付け!地下の倉庫にお宝が!!

当時の『REGGAE SHOP CISCO』

働く自分動画です。(笑)

1999年、色々と有りましたが無事退職!

その後は、『REGAGE SHOP CISCO』の元店長の武田さんが経営されていた『0152 RECORDS』、そしてCISCOのジャマイカ支店の責任者をされていた石川さんがオープンした渋谷『GLORIA RECORDS』にて音楽活動の傍、バイトをさせてもらっていました。その頃ギネスブックに渋谷宇田川町が世界最大のレコード屋さんの数として紹介され話題になっていました。様々なジャンルの音楽のレコード屋さんがひしめいていためちゃくちゃ面白かった時代です。

そして、次には渋谷の松濤にあった、

24時間営業のレコード屋『212 RECORDS』ここではなぜか店長を担当。アメリカハーレムにあったレコード屋さんが渋谷に新しくOPEN♪HIP HOP、R&Bを中心に新譜と中古レコード、その頃流行していたのはサウスヒップホップ。ここではCALYPSOやSOCAのレコードも取り扱いしていました。

今、改めて振り返ってみると、約8年間!?に5件のレコードショップでお世話になりました。同じ職場で働いていた同僚や店長、お客様とも凄まじく濃い時間を過ごしていたな〜と目を細めて思い出していました。皆様お元気かな〜?

今は高速で変わりゆく渋谷。私にとっては今でも楽しかった思い出が詰まったレコードと音楽の聖地なのです。

ということで、レコード職歴話が長くなりましたが、

新型コロナの影響で、自分が20年にわたってコレクションしてきたレコードの整理を始めたところ、家に眠らせたままにしておくなら好きな方に聞いていただけたらという想いが生まれ、コレクションの1部を販売することにしました。

そこで何か面白いことができないか考え、同じく眠っているレコードを所持する、ラム&音楽ユニット『RUMCO』の相方Yogieとラム酒を飲みながらレコードをかけ売り販売してみよう!と(覗き聞くだけでもOK)

RUMCO RECORDS』をNEW OPENすることになりました♪

オンラインやイベントなどで移動式で行います。

まずは2020/5/30(SAT)18:00-20:00までInstagramアカウントにてテスト配信!実験を含めたプレ営業を行います〜♪お酒片手に遊びにいらしていただけたら光栄です。今回のお題は1997-2002年あたりのレゲエとなります♪

詳しくはこちらを

https://www.instagram.com/p/CAnYkXLnDGQ/?utm_source=ig_web_copy_link