人生初 映画配給に挑戦!映画『スティールパンの惑星』

カリブ海最南端の島国”トリニダード・トバゴ”発祥

世界で一番新しいアコースティック楽器

その音色は天使の琴とも称される『スティールパン』

日本では<癒しの楽器>として知られている方が多いのでは!?私もその印象でしたが、現地トリニダード・トバゴを訪れ現地でスティールパンの全国大会「パノラマ」や各バンドの練習場所(パンヤード)で体験したその音は想像を超える凄まじいものでした。爆音と言うか音の大洪水!?とでもいいましょうか?  大きいバンドとなると120名もの大人数でのオーケストラ演奏でスティールパンを奏でます。楽器を弾くという表現では無く、叩く!という表現が一番合っていると思います。「BEAT PAN!」「勢いよく叩く!」!120人で叩くんですから大迫力!そして楽曲のアレンジもとても個性的、基本的には楽譜が無く練習場で次々にアレンジが生で行われます。時にはそれがとてもミラクルでありスリリングで興奮の渦が巻き起こります。その音塊になんども鳥肌が走ったのを覚えています。それら初体験した私は今までにない魔法のような感覚につつまれ、それからと言うものこの音の麻薬を体験するために、20年近く毎年現地を訪れるようになりました。

「パノラマ」の会場でもあるサバンナ
Phase II Pan Groove

それからと言うものトリニダードにはカーニバルの時期に毎年訪れています、カーニバルの時期以外もトリニダード・トバゴの発祥の音楽ジャンルである”ソカ”、カリプソ”、”チャットニー”、” スティールパン”などの音源を日本に紹介したいという思いで音源をライセンスしに訪問したり、日本人による”ソカ”、” チャットニー”のオリジナル楽曲を製作、またトリニダード・トバゴのアーティストのプロデュースを行ったり、日本へ招聘するための手続きなど、現地におとずれ多様に数々のことにトライしてきました。

トバゴ島のピジョンポイント

今から10年ほど前に、現地の取引先の社長さんから、音楽配給以外に映画の製作をスタートさせた、なぜならカリブの音楽カルチャーを音だけでは無く「映画」を通じて広く伝えていきたいと! 貴重なお話を聞かせていただいた。

今まで20年ほど音楽活動をしてきたが、もっぱら映画は見る専門だった。

その頃、音楽配信などが精力的に行われ始めた時期でもあり、音楽を表現する方法についても考えていた時期でもあった。

あれからずっと「映画」を通じ”カルチャー”を伝えたいという言葉が心のどこかに引っかかっていた。

その後、偶然滞在しているタイミングで、映画内で使用される音源の制作や録音の現場を見せていただく機会があった、裏話だがそこでアンディー・ナレル氏が怒りレコディング途中で帰ってしまうというハプニングをみた、そこにはプロフェッショナル体質を目の当りにできた、貴重な経験となった、そして本作脚本家である”キムジョンソン“氏とお話をさせていただく機会があったりと今思うと自然とその作品は近くにあった。

実際に映画で使用された楽器

カリブ海の音楽を紹介する上で、その音楽の歴史背景を知り伝えていくのもセレクターの仕事である、このようなタイミングで『スティールパン』に対しても深くしりたいと意欲が湧いていたところに、出来上がった映画を見せていただく機会が舞い込んだ。

映画『スティールパンの惑星』、そこに描かれていた内容はスティールパンの誕生と発展、1947年から現在までの歴史、そしてその創世記に関係した偉人の証言や世界的にも有名なプレイヤ-でもありアレンジャーでもある、レン”ブグジー”シャープ、アンディー・ナレル、レイ・ホールマンも登場する、さらなる見所は冒頭で書いた「パノラマ」までのドキュメンタリーである。見終わった後、確信した この映画を日本に紹介したいと!これはクラッシックスになると!

映画の録音プロデュースを手がけた渡辺洋一氏の以下言葉がその時の感覚を言い表していたので紹介したい、

誰もレゲエミュージックを知らなかった時にやってきた映画
ハーダー・ゼイ・カムやロッカーズのように
この映画は新しい扉をあけるだろう

色々な偶然とタイミング重なりこの映画を日本に紹介させていただく流れとなったのだ。映画を配給? とくかく初めてわからないことばかりだけど、やるからには全身全霊頑張りたいと気合を入れ、長い準備と多くの方のご協力により2018年9月ロードショー上映が始まった。

やればできる!とてつもない多くの作業でしたがそんな言葉が今残ります。

作品を一人でも多くの皆様に映画を届けたいと、現在でもスティールパンライブとの上映イベントなど活動しています。新型コロナの感染流行により2020年夏のイベントが中止となり、不安定な状況が続いておりますが、

本日は、その映画『スティールパンの惑星』のオンライン限定配信がスタートしたのでお知らせさせてください。

🎬映画『スティールパンの惑星』                                  

○配信期間:2020/7/24~2020/8/19                         

○配信サイト: https://vimeo.com/ondemand/panwakusei
(Vimeo LIME recordsサイト https://vimeo.com/limecloud)
○レンタル鑑賞料 : 1,000円
○公式サイト: http://pan-wakusei.com/
○予告編: https://vimeo.com/435677649
○パノラマ特典映像付き!DVD、オリジナルTシャツ、パンフレット等    公式オンラインショップ→https://limerecords.thebase.in/

Special Thanks jitto inc.

それでは、2020年夏も楽しんでいきましょう!!!